借入れと返済をよく考える

女性がお金を借りる時には、返済についてもよく考えて借入れを行いましょう。もちろん男性でもそれは同じなのですが、環境によって収入を増やしにくい女性の方が、返済が立ちいかなくなると苦労をします。

 

返済の負担が軽ければそれが一番ですが、その為には借入時から返済計画について考えるのが一番です。

 

カードローンの返済額は、毎月の借入額によって決まります。例えば消費者金融アイフルの場合、借入れ直後の借入残高によって、毎月の返済額が決まります。借入時の借入残高が10万円以下の場合、毎月の返済額は4,000円となります。借入をする時には、毎月4,000円の返済が無理なくできるかどうかを考えましょう。

 

ただし、返済途中でも新たな借入れをすれば、返済額が変わる場合があります。途中で再度借入れをした結果、借入残高が10万円を超えると、毎月の返済額は8,000円に上がります。毎月8,000円の返済額は、ちょっとした負担額になります。もしも借入残高が20万円を超えると、毎月の返済額は11,000円まで上がります。

 

新たな借入れを控えればこんなに返済の負担は増えません。しかし、お金が欲しい時にすぐにカードローンに頼るようなら、借入残高は増えていきます。カードローンを利用する時に借り過ぎてはいけないのは、負担が大きくなるというのが理由の1つです。

 

金利が低いところから借りていればある程度は使っても返済の負担が大きくならないと勘違いをしている方もいますが、金利が低いとしても借りすぎれば当然ながら返済の負担は大きくなっていきます。

 

限度額が大きくなると金利が下がるオリックス銀行カードローン返済においても、当然ながら大きな金額を借りるようになれば毎月の返済が苦しくなってしまうため、余裕を持った返済のためにも借りすぎには気をつけなければなりません。